FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お食い初め

2007/07/31 18:40
昨日、無事100日を迎えました

私の実家で、お食い初めをしました。


お食い初めとは・・・
 「お食い初め」とは、生後100日目に赤ちゃんに初めて食べ物を与える儀式のことです。地域によっては110日目、120日目などに行うところもあり、「箸ぞろえ」「箸始め」「歯固め」とも呼ばれます。このころは、離乳食の開始時期で、早い子は歯の生え始める時期であり、子どもの成長を祝うとともに、子どもが一生食べ物に困らないよう願う儀式でもあります。
 当日は親族が揃い(双方の両親を自宅に招き)、赤ちゃんのために祝い膳を用意して、親族で一番長寿のおじいちゃん・おばあちゃんがひざに赤ちゃんを抱き、食べるまねをさせます。祝い膳は、地方によって多少異なりますが、赤飯にタイなどの尾頭付きの焼き魚が定番です。お膳には塗りの器を用意して、「一生食べるのに困らない」と言い伝えの残る、銀のスプーンをプレゼントすることもあります。
 現代では、日取りは出席者の集まりやすい休日に設定したり、お膳の器はリースにしたり、日常的に使える離乳食の食器セットで代用したり、祝いの膳も大人の食事を赤ちゃん用にとりわけるなど、簡略化することが多いようです。
 ひいおじいちゃんに食べさせてもらったよという人、パパとママと赤ちゃんだけでお祝いしたよという人、おばあちゃんが手作りのお膳を用意してくれたよという人、地域や家庭によって、祝い方やお膳の内容もさまざまのようです。

お祝い膳のほかに、魚の形のおっきなパンを焼いて、みんなで食べましたオレンジハート
ヘタクソな出来だったけど・・・

でも、元気に大きくなってねの思いを込めて頑張って作りました!!


もう少ししたら、歯がはえてくるのかな~
可愛いちっちゃな歯、早くみたいなはーと

100日を元気に迎えました!!
20070727133721.jpg

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。